ASKAラヂヲ

[1]オリジナルラジオ番組

毎週土曜日 更新

独自のメソッドで、様々なミステリーを解明し、闇の支配者・世界権力機構の実態を暴き、オカルト界に衝撃を与え続けている飛鳥リポートを音声コンテンツで楽しむことができます。

1月22日〜1月28日ラインナップ

  • 怨霊記 - ドーマン・セーマン
  • 怨霊記 - ドーマン・セーマン

    四国山中の隠里「大忌部」を拠点に、怨霊を討つ使命を担った陰陽師の北麿は、ある時激しい高熱にうなされていた。その時、北麿の枕元に一人の小柄な老人が現れた。その老人は北麿に、ある情景を見せるため、はるかな時を超えて訪ねてきたという。
    異界の空を飛翔した北麿が誘(いざな)われたのは、雅な平安京。そこは、かつて不世出の大陰陽師と謳われた、安倍晴明の子が活躍する時代であった。
    不思議な老人は、北麿をある「時」、ある「場所」へ誘い、大切なことを伝えた…。

    ◎主な登場人物
    阿部北麿(あべのきたまろ)…若き陰陽師
    果心居士(かしんこじ)…謎の大陰陽師
    真名瀬 舞(まなせまい)…北麿と組む怨霊師
    阿倍吉平(あべのよしひら)・阿倍吉昌(あべのよしまさ)…安倍晴明の残した双子の兄弟
    早苗…吉昌の女

    現在公開中のタイトル第2話

  • 天皇陛下京都帰還
  • 天皇陛下京都帰還

    明治天皇が平安京(京都)から東京へ移る際、京都を廃止する遷都宣言は行わず、奠都宣言でラストエンペラーが京都に戻る布石とした。

    天皇家の血筋は古史古伝を紐解く限り、人類の始祖から連綿と続く。

    新・旧約聖書は大和民族の記録であり、天皇陛下京都帰還は失われた10支族のエルサレム帰還の雛形なのである。

    現在公開中のタイトル第10章 宗廟伊勢神宮の絶対構造「別の三種の神器」

  • 飛鳥サイバニック研究所
  • 飛鳥サイバニック研究所

    最先端科学、超オカルト情報、SNS上を騒がせる不可解な情報、未解決情報、激変する国際情勢の裏側などを、飛鳥昭雄独自の情報網と切り口で解明する。

    現在公開中のタイトル[No.69]ロシアで身長7mの巨人が7体もUFOから出てきた

  • ちょこビンの昭和ストリーム
  • ちょこビンの★昭和ストリーム

    自称〝昭和ボーイ〟の飛鳥昭雄が、「昭和」を語り倒すトーク番組。憧れの「ジェットストリーム」ならぬ「ちょっとストリーム」。毎回テーマを決め、それに纏わる想い出を、独断と偏見を満載して素顔の飛鳥昭雄が語りまくる!!

    笑いとノスタルジーをちりばめて、ついに「飛鳥堂プレミアム」に登場!!

    現在公開中のタイトル第106回

  • DVD
  • 聴く飛鳥DVD

    音声なので、車の中、通勤・通学の電車の中、ウォーキング、ジョギングなど様々なシチュエーションで気軽に飛鳥DVDを楽しむことができます。

    現在公開中のタイトルエドガー・ケイシー - 宇宙の記録庫と繋がっていた男

  • ZOOM質問箱
  • ZOOM質問箱 ラジオ版

    この番組は、古代日本の謎、新・旧約聖書に記されている事跡(じせき)、超古代史、UFOから現代ミステリー、世界権力機構の実態など、オカルトに関するあらゆる質問を、サイエンスエンターティナー飛鳥昭雄が独自のメソッドで迫り、封印された真相を解明するZOOM質問箱のラジオヴァージョンです。

    現在公開中のタイトルNo.40No.41No.42

  • 漫狂画人
  • 漫狂画人

    この番組は、戦後の日本漫画の裏側を公開するとともに、戦後の日本漫画史が歩んだ道を、その世界を目指した飛鳥昭雄の個人史をとおして検証していく番組です。

    現在公開中のタイトル第12話

  • 百鬼夜話
  • 百鬼夜話

    サイエンス・エンターテイナー、飛鳥昭雄が、江戸時代から伝わる奇談「本所七不思議」を軸に、日本神話や聖書を参照しながら、独自の深い見識で検証・解明する。

    現在公開中のタイトル第6話「河童」

[2]聴く飛鳥アーカイブ

  • 怨霊記 - 女化
  • 怨霊記 - 女化(オーディオドラマ)

    怨霊記からのスピンオフ作品
    原作:千秋寺亰介 / 朗読:星野睦子 / Na:杉田愛子 / 音楽:ΣRION(シグマリオン)

  • コロナクライシス
  • 世界同時クライシス「新型コロナウイルス」アメリカが仕掛けた恐怖の世界戦略

    ASKAサイバニック研究所が入手する最新情報とデータで超ド級のカタストロフィー「新型コロナウイルス」の真相を暴く 

  • 怨霊記 - 宿儺
  • 怨霊記 - 宿儺(すくな)

    真名瀬舞と安倍北麿は、皇室お抱えの最後の大陰陽師と称される宿儺と相対する事態に陥った……。
    宿曜師(すくようし)であり修験者でもある宿儺は、舞と北麿にとって最大の敵か、あるいは最大の味方か。
    そこに明治財界の大立者で「第一銀行」創設者の渋沢栄一も絡んでくる。
    明治という開闢(かいびゃく)の時代に封印された、闇深き暗黒史が、今明かされようとしている……。

    怨霊記・「宿儺(すくな)」
    原作:せんしゅうじ きょうすけ / 朗読:ほしのむつこ / ナレーション:すぎたあいこ / 音楽:ΣRION(シグマリオン)

  • 怨霊記 - 異人
  • 怨霊記 - 異人

新規登録はこちらから会員の方はこちらから